【教育】 橋下知事 「君が代不起立の教員、絶対に辞めさせる」「国歌・国旗を否定するなら公務員辞めろ。府民への挑戦だ」…大阪 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【教育】 橋下知事 「君が代不起立の教員、絶対に辞めさせる」「国歌・国旗を否定するなら公務員辞めろ。府民への挑戦だ」…大阪

国歌斉唱「不起立の教員やめさせる」 維新の条例案、橋下知事 政令市も検討対象

大阪府の橋下徹知事が代表を務める「大阪維新の会」府議団は16日、5月議会に提案を予定している府立学校での国歌斉唱時に教職員に起立を義務づける条例案について、対象を「府下の公立学校」に拡大する方針を決めた。罰則規定はないが、府教委は政令指定都市の大阪、堺両市を除く市町村の小中高校教員に対しては任命権、懲戒処分権を持つ。

一方、橋下知事は報道陣の取材に対し「政令市も含めて(条例の)対象にすべき。府議が議論して決めたルールに府内の教員は従うべきだ」と強調。「起立しない教員は意地でも辞めさせる。ルールを考える」と、政令市も含め違反すれば処分する考えを示した。

府教委は平成14年以降、府立学校に対し「教育公務員としての責務を自覚し、国歌斉唱にあたっては起立する」と文書で指示しており、今年3月には卒業式での国歌斉唱時に起立しなかった守口市の中学校教諭を戒告処分にした。ただ、政令市の教員については地方教育行政法で政令市に任命・処分権があるため、府教委は「条例の適用対象となり得るかどうか、これから検討する」としている。

また、橋下知事は今春府立高校での入学式で国歌斉唱時に起立しなかった教員が38人いたとし、「国旗、国歌を否定するなら公務員をやめればいい。もう(個人を)特定している。やらないなら府民への挑戦と捉えてやめてもらう。公務員だからといって守られるわけがない」と述べた。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110517/lcl11051700070001-n1.htm

橋下知事、国歌不起立の処分基準も条例化 ルール守らぬ教職員「府にいらぬ」

大阪府の橋下徹知事は17日、5月府議会で提出される入学式や卒業式での国歌斉唱時に起立することを府内の公立学校の教職員に義務付ける条例案に関連し、「知事は処分権者ではないが、違反教職員の処分基準を条例化したい」と述べ、義務化条例とは別に処分基準を明文化した条例案を9月府議会に提出する方針を示した。府庁で取材に答えた。

起立を義務化する条例案は、橋下知事が代表を務める地域政党「大阪維新の会」の府議団が提出する方針だが、罰則規定は盛り込まれない見通し。

橋下知事は「一定のルールを作って(処分権者である教育委員会の)裁量の幅をきっちりコントロールする」と語り、専門家の意見も聞きながら条例化を目指す考えを明らかにした。

また、処分条例が整備されても教育委員会が処分しない場合は「処分権者が処分される」との見解を示し、「ルールを守らない教職員は府にはいらない」とも語った。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110517/lcl11051712310004-n1.htm

君が代起立しない教員「絶対辞めさせる」 橋下知事

地域政党「大阪維新の会」の府議団が5月議会に提出を目指す君が代斉唱時に教員の起立を義務付ける条例案について、大阪府の橋下徹知事は16日、「(起立しない教員は)絶対に辞めさせる」として、強い姿勢で臨む考えを示した。府庁で記者団に語った。

維新府議団は同日、条例案の対象に府立学校だけでなく、府内の政令市を除く市町村立の小中学校の教職員も加える意向を示した。

橋下知事は「国歌・国旗を否定するなら公務員を辞めればいい。公務員の身分保障に甘えているだけ」と強調し、「辞めさせるルールを考える」と述べた。

維新は条例案に罰則を設けない方針。起立しない教員は地方公務員法に基づく懲戒処分を受ける可能性があるが、最も重い処分の免職の適用は困難との見方もある。

府教育委員会は2002年に君が代斉唱時の起立を府立学校などに通達し、職務命令違反で懲戒処分とした教員は計7人いるが、処分はいずれも最も軽い戒告。また東京高裁は今年3月、都立学校の教職員167人の処分を「懲戒権の乱用」として取り消す判断をしている。

ソースは
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819A91E3E4E2E0838DE3E4E2E7E0E2E3E39391EAE2E2E2

フランスは、国旗(三色旗)や国歌(ラ・マルセイエーズ)への侮辱行為に7500ユーロ(約100万円)の罰金刑を定め、さらに集会における侮辱行為に至っては、加重刑として6カ月の拘禁刑を科すという厳しい態度で臨んでいる。

またアメリカでも連邦法典に国旗冒涜(ぼうとく)罪を規定。合衆国旗(星条旗)を故意に裁断、焼却、汚損、踏みつけるなどした場合、罰金もしくは禁固1年以下(または双方)の刑事罰を定めている。アメリカではさらに、各州刑事法でも同様の規定を持つ。

ロシアは大統領命令で尊重義務(侮辱禁止)を規定。お隣の中国でも国旗法で刑事責任を規定している。ドイツとイタリアでも刑法で侮辱罪として規定しているのが実情だ。

君が代の曲が出来て100年以上法律が無かった。
法律が無くても国旗や国家を尊重する人が大多数だったからだ。
しかし1999年に国旗国家法が出来た。
一部の左巻な人が学校行事で問題を起こしたり、式典で国旗を燃やしたりする輩が目立ってきたから。

つまり、一部の暴走した左寄りな思想を持つ人の行動が法律を産む事になった訳だ。
個人的な思想を公的な場所で主張し、無関係な人々に混乱と不快感を与えた為に。

民主主義を提示して自由を叫ぶなら、憲法をや条例を重視して社会生活を乱さない様に努めるべきだろう。

まさにこの10年ぐらいで結構変わっちゃったけどさ、元々日本という国は、何でもかんでも
規則で縛る事を良しとしてこなかった社会なんだよね。

規則や法律でガッチリ決まっているわけではないけれども、ここはこうあるべきだろう
あそこはああすべきだろうという共通の認識の下に、敢えて言葉を選ばずに言えば
「何となく」動いていた面がある。
そういう一種の緩さは、ほぼ単一民族で国民の価値観が概ね共通していたから存在し得た
事だが、そういう社会は確かに曖昧でなあなあという批判の対象にはなるにせよ、一方で
ギスギスした摩擦の少ない、心安らかに暮らしていける素地を形作っていた。

規則で縛られなければならないような事態を招いた事自体に、既に問題があるんだけどね。
卒業式の国歌斉唱時に立ち上がりもしない教師なんて、そんなの漫画か小説の中だけにしてくれ。

Twitterより抜粋

t_ishin 橋下徹
日本国の公務員なら、君が代に敬意を払え。敬意とは起立して歌うこと。
これが社会の常識であり、国民大多数の普通の感覚。
せめて、子どもたちの晴れ舞台は、厳粛なムードで祝福してあげろ。
それが嫌なら、日本国の公務員を辞めて、自分の主張を通せる仕事をしろ!身分保障に甘えるな!

t_ishin 橋下徹
もちろんね、ほとんどの公務員は国旗国歌を大切にしている。
公の使命を認識している。自衛隊、警察官、消防員、行政職員、教員もほとんどはね。
でもね、一部トンチンカン職員がいることで、組織全体の信用が失墜する。
一生懸命頑張っている公務員にとって迷惑なんだよ。分かってるのかね、不起立教員!

t_ishin 橋下徹
公務員以外の国民には、国旗国歌は教育で諭すもの。納得をしてもらうもの。
理解してもらうもの。それこそ子どもの時から教育するものなんだ。
しかし、公務員は全く別。国旗、国歌を否定するなら、公務員を辞めろ。強力な身分保障の悪弊だね。













ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。