【政治】 平田オリザ参与「アメリカの要請」発言 平田氏事務所「ほかのことと混同して、勘違い。発言を撤回して謝罪したい」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【政治】 平田オリザ参与「アメリカの要請」発言 平田氏事務所「ほかのことと混同して、勘違い。発言を撤回して謝罪したい」

原発事故の低濃度汚染水約1トンを海に放出したのは、アメリカ政府からの強い要請のためだった――。劇作家の平田オリザさん(48)が、菅直人政権の内閣官房参与という立場でこう発言して物議を醸している。

平田オリザさんは、岸田國士戯曲賞を受賞するなど演劇界で活躍する一方、鳩山由紀夫前首相のスピーチライターをしたことでも知られる。

■「ゲッ、菅直人政権(民主党)は主権国家を放棄!」
今回の発言は、内閣官房参与として、韓国・ソウルで2011年5月17日夜に講演したときに飛び出した。

報道によると、平田さんは、在韓国日本大使館主催の講演で「震災と日本再生」をテーマに話し、原発事故による風評被害の防止や日本への観光を呼びかけた。公演後の質問に答える形で発言があり、「流された水は非常に低濃度で、量も少なくて、あれはアメリカ政府からの強い要請で流れたんです」と明かした。

さらに、汚染水放出を事前に韓国に知らせなかったことについて、「韓国の方々にも大変なご迷惑をおかけして、通告が遅かった」と謝罪したのだ。

こうした発言が報じられると、ネット上では、驚きの声が広がった。これまで、政府が東京電力の打診に許可を与えたとだけ説明されてきたが、それがウソだったことになるからだ。さらに、韓国への通告遅れについても、枝野幸男官房長官が当初の会見で「国際法上、直ちに問題が生じるとは考えていない」と正当性を強調していたことともニュアンスが違っている。

各党からも疑問の声が上がっており、新党日本の田中康夫代表はツイッターで、「ゲッ、菅直人政権(民主党)は主権国家を放棄!」とつぶやいた。また、自民党の佐藤正久参院議員もツイッターで、主体的な判断をしていなかったともとられかねない」と指摘している。

■平田オリザ「ほかのことと混同して、勘違い」
平田オリザさんの発言については、枝野幸男官房長官が2011年5月18日の会見で、アメリカから要請があったことを否定した。「少なくとも私は承知していない」というのだ。

さらに、細野豪志首相補佐官も、18日の政府・東電合同会見で、「日本の判断で、米国からの要請は一切なかった」と述べた。汚染水の放出当時に、細野補佐官はアメリカ政府との窓口を務めていたことから分かるという。

細野補佐官が、発言について平田さんに直接確認したところ、「勘違いだった」と訂正したとしている。

平田さん事務所のでは、取材に対し、「平田はほかのことと混同して、勘違いしてしまいました」と認めた。何と混同したかは、本人からまだ確かめていないという。そのうえで、「事実ではありませんので、発言を撤回して謝罪したい」と話している。

一部報道では、日本政府は汚染水放出の3日前に米国政府に打診して内諾を得ていたとされており、平田さんは、この報道を勘違いしたのだろうか。

ただ、東京電力の広報部では、汚染水を放出した4月4日のうちに打診・許可が行われたとしている。
また、枝野官房長官も会見で「米国に事前に通告したとも聞いていない」と述べており、米国政府の内諾があったのかはよく分からないままだ。

▽J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2011/05/18095925.html?p=all

Wikipediaより引用
平田 オリザ(ひらた オリザ、男性、1962年11月8日 - )は、日本の劇作家、演出家。青年団主宰、こまばアゴラ劇場支配人、内閣官房参与、大阪大学コミュニケーションデザインセンター教授、首都大学東京客員教授、日本劇作家協会理事。

桜美林大学文学部助教授、桜美林大学総合文化学群教授、東京大学教育学部講師、早稲田大学文学部講師などを歴任した。

「リアルな演劇」「静かな演劇」の旗手として、1990年代以降の演劇界で活躍している。また、独自の創造世界を系統立てて理論的に『演劇入門』などの著書で説明している。平田の代表作の一つ『東京ノート』は9ヶ国語に翻訳されている。大阪大学教授就任後は、大阪の文化活動にもかかわっている。大阪創造都市市民会議発起人、シューレ大学アドバイザーとしても活動した。

略歴

1979年、都立駒場高校定時制2年、16歳で高校を休学し、自転車による世界一周旅行を決行。その後世界26カ国を放浪する。
1981年、旅行記『十六歳のオリザの未だかつてためしのない勇気が到達した最後の点と、到達しえた極限とを明らかにして、上々の首尾にいたった世界一周自転車旅行の冒険をしるす本』(晩聲社)を出版。この本は、出版された当時、日本で出版された本の中で最もタイトルの長い本であった[要出典]。
同年、大学入学資格検定試験合格。高校中退。
1982年、国際基督教大学に入学。同年に処女作を執筆。
1983年、劇団青年団を結成。
1984年、大学3年時、国際教育基金の奨学金により、韓国の延世大学に1年間公費留学。
1985年、朝日ジャーナル『新人類の旗手たち』の最終回を飾る。
1986年、国際基督教大学教養学部人文科学科卒業。 その後すぐに、父親が自宅を改装、借金をしてつくったこまばアゴラ劇場の劇場経営者になる。
1995年、「東京ノート」で、第39回岸田國士戯曲賞を受賞。
1999年、桜美林大学文学部総合文化学科助教授
2003年、2002年日韓国民交流記念事業『その河をこえて五月』が、第2回朝日舞台芸術賞グランプリを受賞。
2005年、桜美林大学総合文化学群教授
2006年、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授に就任。
同年、モンブラン国際文化賞を受賞。
2009年10月15日、鳩山由紀夫内閣の内閣官房参与に任命される。所信表明演説の草稿を、他の参与らと共同で執筆。
2010年、菅直人内閣で国際交流担当の内閣官房参与に任命される。
2010年12月04日、韓国民団が企画した「第4回永住外国人地方参政権シンポジウムin鳥取」において基調講演を行い、在日韓国人の地方参政権付与に賛意を示した。
2011年5月17日の韓国ソウルにおける講演会にて、日本が福島第一原発の汚染水を海へ捨てたことを、「米政府からの強い要請で(海に)流れた」と発言。公式発表されている事実(汚染水排水は日本政府が判断)を否定したが、翌日18日には発言は「勘違い」であったと述べて謝罪した。

枝野長官、平田氏に事実関係を確認へ
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4727990.html
平田オリザ内閣官房参与が、福島第一原発事故で行われた汚染水の海への放出について、「アメリカ政府からの強い要請があった」と発言したことに関し、枝野官房長官は、平田氏に事実関係を確認する考えを示しました。

「流された(汚染)水は、非常に低濃度で量も少なくて、あれはアメリカ政府からの強い要請で流れたんですけども・・・」(内閣官房参与 平田オリザ氏)

平田氏は17日、韓国で講演し、東京電力が行った汚染水の海への放出について、このように発言しました。

これに対し、枝野官房長官は、平田氏の発言を「承知していない」と述べた上で、発言の趣旨など事実関係を平田氏に確認する考えを示しました。

「直接うかがっておりませんので、どういう文脈で、どういう趣旨で、どういう認識に基づいて、お話になられたのか、後ほど確認したいと思います」(枝野幸男官房長官)

また、枝野長官は、「放出について事前にアメリカ政府に通告したということも聞いていない」と述べました。(18日11:21)

評論家内閣だな。
内閣の一員として自分が参与しているという自覚がないのかね。

民主党内閣を国民の総意として選んだ国民として恥じる。
自分自身は自民党に投票したが、責任は逃れられない。
こうなることを予期していたのに、周りの人間に民主党に投票せぬよう説得できなかったからだ。
戦争が破滅をもたらすことを予期していたのに止められなかった戦前の先輩も同じ気持ちだったろうな。

少なくとも4月4日から5月18日の今まで、平田氏は勘違いしたまま仕事をしていたわけだ。

アメリカから、汚染水の放出要請があり、内閣がこれに従ったかどうか。
これは非常に外交的、国際的な要素を持った発言だ。

総理のブレーン的な役割を持った人間が、このような重大な勘違いをしたまま総理という責任重大な立場の人間にアドバイスしていた事実は、これまでこれからの管の言動に、輪をかけて不信の目で見ざるを得ない。

このような重大事案を勘違いし、済まそうとしている氏に果たしてこのまま内閣官房参与を続ける資格があるのだろうか。



ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。