【ビンラディン死亡】オバマ大統領が先月29日に作戦を指示 米軍ヘリ急襲、銃撃戦40分 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【ビンラディン死亡】オバマ大統領が先月29日に作戦を指示 米軍ヘリ急襲、銃撃戦40分

国際テロ組織アルカイダの最高指導者、ウサマ・ビンラディン容疑者(54)殺害について、米中央情報局(CIA)などの米情報当局は昨年8月、パキスタン国内での潜伏先に関する有力情報をつかみ、オバマ大統領が先月29日に急襲作戦を指示したという。
容疑者が家族と潜伏していたのは、首都イスラマバードの北約60キロのアボッダバードにある建物で、4機のヘリコプターに乗り込んだ米軍特殊部隊が1日に急襲作戦を展開した。
AP通信は、容疑者の遺体は海に流す「水葬」にしたと伝えた。

米政府高官によると、作戦は約40分間続き、抵抗したビンラディン容疑者側との間で銃撃戦となった。
容疑者と息子、身の回りの世話をする男性2人、「盾」になった女性1人の計5人が死亡し、女性2人が負傷した。
米CNNテレビによると、容疑者は頭を撃たれて死亡した。米側に負傷者はなかった。

潜伏先の特定は容疑者の身の回りの世話をする男性の割り出しから始まった。
身柄を拘束したアルカイダ要員らの供述などから、約4年前に男性の特定に成功。
約2年前、男性が活動する地域を絞り込み、昨年8月、アボッダバードの富裕層地区の建物に住んでいることを突き止めた。

米政府高官によると、05年建設の3階建ての建物は有刺鉄線付きの塀(高さ約3・6〜5・4メートル)に囲まれ、敷地の広さは周辺の邸宅の約8倍もあった。
警備が厳重な割に、電話やインターネットの通信回線が敷設されていないなど不審な点があった。
CIAの無人機などが位置情報を確認することを防ぐ目的があったとみられる。

情報当局は容疑者一家が潜伏している可能性を大統領に報告。
今年3〜4月にかけ計5回開催された国家安全保障会議で情報を精査し大統領が先月29日、急襲作戦を決断。
米政府は機密保持を徹底し、パキスタン政府には作戦終了後に説明したという。

大統領は容疑者殺害を発表した演説前、ブッシュ前大統領、クリントン元大統領に作戦結果を報告。ブッシュ氏は「テロとの戦いは続くが、米国は今夜、どれだけ時間がかかろうとも正義は成し遂げられる、との明白なメッセージを送った」との声明を出した。

一方でオバマ大統領は在外公館などに「アルカイダが我々への攻撃を続けることは疑いない」とテロ警戒を求める一方、「米国はイスラム教と戦っているのではない」と、イスラム教徒に理解を求めた。
米政府は海外に渡航する国民にも「報復テロ」への警戒を呼びかけた。

▼毎日jp(毎日新聞) [2011年5月2日 21時44分(最終更新 5月2日 23時29分)]
http://mainichi.jp/select/world/news/20110503k0000m030111000c.html

作戦終了後直ちに 最大ペイロードでの航続距離4,440km巡航速度860km/hのC17で4500キロ離れたディエゴガルシア島に約5時間で運び DNA採取その他必要な検査終了後死体を焼却 残余物は海上投棄。攻撃から作戦終了までわずか6時間。
ちなみにディエゴガルシア島は軍の島であり 一般人は立ち入れない。

潜伏先建物外観
http://i2.cdn.turner.com/cnn/2011/images/05/02/c1main.osama.14.afp.gi.jpg

作戦後のビンラディン潜伏先ABCnews




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。