【政治】自民党、内閣不信任・問責決議案の提出を当面先送り[11/04/27] - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【政治】自民党、内閣不信任・問責決議案の提出を当面先送り[11/04/27]

自民 不信任案など当面先送り

自民党は、統一地方選挙での民主党の敗北を受けて、菅総理大臣の辞任を求めて攻勢を強めることにしていますが、内閣不信任決議案などの提出については、公明党が慎重な姿勢を示していることなどから、当面、先送りする方針です。

自民党の谷垣総裁は、26日、党の全議員懇談会で、統一地方選挙で民主党が敗北したことについて、「菅政権で国難を乗り切っていくことに、多くの国民が極めて重大な懸念を持っている」などと述べ、今後の国会審議で菅総理大臣の辞任を求めていく考えを示しました。ただ、内閣不信任決議案や問責決議案の提出について、公明党は、山口代表が「国民は震災を乗り越えるために政治の力に期待しており、混乱を歓迎しているわけではない」と述べるなど、直ちに提出することに慎重な姿勢を示しています。さらに、自民党内からも、「復旧にめどがついていない段階で倒閣を目指せば、世論の批判を受ける」とか、「民主党内の権力闘争に利用されるようなことは避けるべきだ」という意見が出ています。このため、自民党は、国会論戦を通じて政府の原発事故などへの対応を追及し、攻勢を強めることにしていますが、内閣不信任決議案や問責決議案の提出については、当面、先送りする方針です。

ソース:NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110427/t10015573881000.html

せっかく原発の設備利用率が60%まで落ちてきてたのに、再びそれを85%まで戻そうとしてる「民主党」。
その上「新たに14の原発を新設」しようとしている「民主党」。

自民ですら驚くくらいの民主党の「超・原発推進」っぷり。

↓が「民主党政権下の昨年6月に」発表されたエネルギー基本計画。
とても正気とは思えない内容。

アメリカの核にはあれほどアレルギー反応を示す民主党が、
「危険な原発」の推進にはこれほど積極的なのはどう考えても不自然。

加えて民主の支持団体に名を連ねる韓国民団、日教組、部落解放同盟等々のサヨク団体。

民主党は原発が危険だと知らずに推進してたわけじゃなく、
「危険だという認識があるからこそ推進していた」のではないか?

こいつらって将来原発テロでも狙ってたんじゃないのか?

http://www.meti.go.jp/committee/summary/0004657/energy.pdf

まず、2020 年までに、9基の原子力発電所の新増設を行うとともに、設備利用率約85%を目指す(現状:54 基稼働、設備利用率:(2008 年度)約60%、(1998年度)約84%)。さらに、2030 年までに、少なくとも14 基以上の原子力発電所の新増設を行うとともに、設備利用率約90%を目指していく。これらの実現により、水力等に加え、原子力を含むゼロ・エミッション電源比率を、2020 年までに50%以上、2030 年までに約70%とすることを目指す。

内閣不信任案は1度出したらもう出せない
いくら自民が乗り気でも他の野党が乗らなきゃまず通らない
通らないのをわかって出すのはただのパフォーマンス
この場合たたかれるのは公明だぞ






ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。