【原発賠償/政治】 国が数兆円を「原発賠償機構」に拠出←東電は機構から借入れ賠償金を支払い、長期間返済し続ける。 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【原発賠償/政治】 国が数兆円を「原発賠償機構」に拠出←東電は機構から借入れ賠償金を支払い、長期間返済し続ける。

東京電力福島第一原子力発電所の事故の賠償策を巡り、政府と東京電力が新設を検討している「原発賠償機構(仮称)」の詳細が19日、明らかになった。

 国が賠償原資として数兆円規模の公的資金を用意し、十分な支払い能力を持たせる。東電は、賠償金が巨額になった場合に機構から資金を調達して被災者に支払い、その後の長期間、機構に返済し続ける。国は、東電の返済が滞らないよう、事実上の公的管理下に置いて経営を監視する方針だ。

 関係者によると、財務、経済産業、文部科学の各省と、東電などが賠償策の最終調整に入っている。

 賠償機構は、今回の原発事故の賠償金をためておく「特別勘定」と、将来の原発事故に備えて電力各社が拠出する「一般勘定」を設ける。

 国が数兆円を用意するのは「特別勘定」で、交付国債を機構に交付し、必要な時に必要な額を現金化できるように準備しておく。

(2011年4月20日03時03分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110420-OYT1T00014.htm


国がお金を貸す=国民の税金を貸すわけだ。
返済がスムーズに行えるように人件費の「監視」も必要だから、
取締役から平社員まで給料を公開し必要に応じて下げる必要もある。
あと保安院の責任も取らせないといけない。

国会で原発震災の件は何度もとりあげられていたわけだから、政治責任もとわれるべきだ。
東京裁判みたいな東電原発裁判をして、A級の数名は、死刑でも俺はいいとおもう。国力というのは、こういう自浄能力があるかどうかでとわれる。
その上で、あらたなエネルギー監督の組織づくりにはいり、国民に負担をもとめるならいい。

なんの検証もなく、負担のみ求めるというのは、最悪である。



ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。