【貿易】海外輸出する日本車に"放射線量検査"実施へ--日本自動車工業会、風評被害対策で [04/19] - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【貿易】海外輸出する日本車に"放射線量検査"実施へ--日本自動車工業会、風評被害対策で [04/19]

日本自動車工業会は18日、海外への輸出車を対象に、メーカー各社が放射線量を
計測する検査を行う方針を発表した。福島第1原子力発電所事故で、「日本車が
放射性物質によって汚染されている」という風評被害を払拭する。統一した検査
方法を決め、各メーカーの検査結果を自工会がとりまとめて公表する。

積出港で、船ごとに10台をサンプルとして選び、ボンネット、タイヤの周辺部、
室内の3カ所で放射線量を計測する。すでに、一部のメーカーが検査をしているが、
放射線量が多い車両は確認されていない。

現在は機器がなく、検査を実施していないメーカーがあり、早期に全社が取り組める
よう準備を進める。

JAMA - 一般社団法人日本自動車工業会の発表資料
http://release.jama.or.jp/sys/comment/detail.pl?item_id=513

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110418/bsa1104181930007-n1.htm

福島第一原発の事故のせいで色んな所にしわ寄せが来てるんだな。
風評被害がどの程度で落ち着くかは、原発が終息しなければならないだろうし、
自動車メーカーは大変。自動車でこうなのだから他の産業もなのだろう。
風評で日本の経済が破綻する前に国には何とかしてもらわないといけないな。



ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。