【政治/エネルギー】ドイツ政府、脱原発で風力やガス火力への依存拡大へ--政府文書[11/04/12] - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【政治/エネルギー】ドイツ政府、脱原発で風力やガス火力への依存拡大へ--政府文書[11/04/12]

4月11日(ブルームバーグ):ドイツのメルケル政権は、原子力発電からの撤退に伴って
生じ得る発電量不足を補うため、沖合の風力発電施設を拡張するとともに、ガス火力発電所を
建設する方針だ。政府文書で明らかになった。

独環境省などが作成し11日に配布された同文書は、風力発電には再生可能エネルギーの中で
「最大の将来性」があると指摘。
政府の目標は「原発からの撤退を急ぐ」ことにあるとした上で、従来型電力への依存も
続ける方針を示し、新たなガス火力発電所に「特別な役割」が与えられていると説明した。

文書はまた、ドイツ復興金融公庫(KfW)が早ければ今年から風力発電施設への投資家に
融資を提供する可能性も明らかにした。
ノルデックスやリパワー・システムズなど風力発電機器メーカーには追い風となる。
独風力発電連盟(BWE)によると、ドイツの発電量に占める風力発電の割合は2010年に
約7%だったが、20年までには25%に増加する可能性がある。

メルケル独首相は日本の福島第一原子力発電所の事故を受けて原発運転延長計画の見直しを
命じていた。今回の文書はドイツの将来のエネルギー政策を検討する上での選択肢を詳述した
格好だ。
原子炉の運転停止継続や他の原発の迅速な閉鎖を求める政治的圧力が高まる中で、
今月15日に開かれる各州首相との協議でもメルケル首相の論拠になるとみられる。

ソースは
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aDFBQBOj4g3o


他国の原発事故で25万人のデモが起こる国民と
自国で事故が起こってるのになにも文句も言わない国民の民度の違いが
政治レベルの差に露骨に表れてるな
同じよう経済規模や資源のないドイツに出来て、日本に出来ない事はないよね?
今までの原発利権を捨てれない政治家が、今後一番のガンて事?




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。