【東日本大震災】 「仙台市で10メートルの津波が押し寄せる計算になる」 〜震源域東側でM8級、早ければ1か月内…専門家 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【東日本大震災】 「仙台市で10メートルの津波が押し寄せる計算になる」 〜震源域東側でM8級、早ければ1か月内…専門家

東日本大震災の震源域の東側で、マグニチュード(M)8級の巨大地震が発生する可能性が高いとして、
複数の研究機関が分析を進めている。

日本海溝の東側で海のプレート(岩板)が引っ張られる力が強くなっているためで、
早ければ1か月以内に津波を伴う地震が再来する危険がある。

M9・0の東日本大震災は、押し合っていた海のプレートと陸のプレートの境界面が破壊されて起きた。
そのため周辺の地殻にかかる力が変化し、東日本全体で地震が誘発されている。

京都大防災研究所の遠田晋次准教授(地震地質学)は全地球測位システム(GPS)の測定データから、
海のプレート内部で引っ張られる力が強くなっていることを突き止めた。
明治三陸地震(1896年)の37年後、昭和三陸地震を起こしたメカニズムと共通しているという。
「今、昭和三陸規模の地震が起きると、仙台市で10メートルの津波が押し寄せる計算になる」と言う。

Yahoo!ニュース 読売新聞 4月14日(木)3時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110414-00000112-yom-sci


余震は正断層型、今後も活発=引き波、スマトラ沖より巨大―東北大
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110413-00000154-jij-soci

スマトラ沖地震では同じプレートの境界で3カ月後にM8.6の大地震が
発生しており、千葉県沖や青森県沖でも連鎖的な地震が発生する可能性
があると警告した。 


スマトラでは3ヶ月後にM8級。


東日本超震災と同じようなメカニズム、規模だった、
マグニチュード9の、
スマトラ島沖地震の事後経過を見て
推測するに、、

東日本超震災でも、
3ヵ月後から、M8を遥かに超える
超巨大余震が3回、確実に起きる。
   
 
スマトラ超震災後の 
激しすぎる地殻変動
 
▽2004年12月26日 M9.1 スマトラ島北西沖       東日本超震災クラス 本震

▽2005年3月28日 『M8.6』 メダン南西沖         東日本超震災クラス

▽2007年9月12日 『M8.5』 ブンクル南西沖        明治三陸沖巨大地震クラス

▽2007年9月13日 『M8.0』 ブンクル南西沖        関東大震災クラス

▽2009年9月30日 M7.5 パダン西北西沖         関東大震災クラス

▽2010年4月6日 M7.8 バニャック諸島付近        関東大震災クラス

▽2010年10月25日 M7.7 パダン南沖           関東大震災クラス


これ知ってたのなら、今がれき撤去とかしてても意味ないだろ。
そんなことよりもっと内陸部に避難場所を作らないと、今生き残った人達がまた被害に遭う。
仮定の話であっても、国としてこの問題に対して対策をしなきゃいかん。
見殺しにすることになる。
今生き残った人達を見殺しにするな。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。