【電力】発電所保有企業幹部「電力会社から電気買うのはバカらしい」 [11/04/12] - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【電力】発電所保有企業幹部「電力会社から電気買うのはバカらしい」 [11/04/12]

夏場の計画停電が懸念される昨今だが、JR東日本やNTT東日本、鉄鋼各社など、自社工場
や設備で大量の電力を消費する企業は、自前の発電所を設置している。たとえば、JFEスチ
ールは震災発生直後から千葉市にある製鉄所内の火力発電所を稼働させた。通常は平日の
日中のみの稼働だが、現在は休日も24時間稼働となり、余剰電力を東電に供給。新日鉄も
千葉・君津市にある製鉄所の火力発電所をフル稼働させ、発電量の約半分(50万kw)を東電
に卸している。
 
 「企業内発電所」が作られる理由は、表向きは「工場のラインを常に稼働させる」(新日
鉄広報センター)、「首都圏の路線や信号などが停止しないようにする」(JR東日本広報
室)というが、本音は別にある。発電所を保有する企業の経営幹部が明かす。

 「正確な数字は控えさせていただくが、電力会社から買うより自社で発電するほうがは
るかに安上がりです。建設コストを勘案しても、長期的には十分にお釣りがくる。電力会社
から電気を買うのはバカバカしい話です」

 大企業はもともと一般家庭より電気料金がずっと安い。それでも「高すぎる」というの
である。ならば我々もその安い電気を買いたいところだが、それはできない。

 2000年の電気事業法改正により、電力9社以外の電気事業者(PPS)に電力小売りが認め
られるようになったが、その対象は「契約電力50kw(中小企業の工場に相当)以上の需要
者」という規制があるため、一般家庭への小売りはできないのである。

※週刊ポスト2011年4月22日号

ソース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110412-00000015-pseven-pol



実のところ今の火力発電は地球にも人間にも優しい

煙りは粉塵除去装置で純度高い物質に分離して売却でき利益が出ます。

火災に成っても化学消火剤で消せます。
原発一期よりも火力発電の一期あたりの発電量が高いです。



ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。