【コラム】必要あるの? 東電の宣伝広告費--河野太郎(衆議院議員/自民党) [04/05] - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【コラム】必要あるの? 東電の宣伝広告費--河野太郎(衆議院議員/自民党) [04/05]

自民党本部で経産省から無計画停電に関する説明。

基本的に無計画停電はもうやらない方向で、とは言うものの、何月何日までは
やらないということを言えない。やっぱり無計画だ。

節電大臣なのか経産大臣なのか責任分担はわからないが、この日まではやりません、
需給調整契約に基づき、供給カットで対応しますというのが『政治主導』ではないか。

今日の経産省の説明では、需給調整契約に基づき、事前通告をして供給のカットを
していると明言。これまでは、お願いしかできないとか、夏の間だけということに
なっているとか、結局、嘘の説明をしていたことになる。

経産省が今日示した東電の供給力は、数字がやけに少ない。よく見ると、例えば
揚水発電が除かれている。東電管内だけでも700万kW近い供給力があるわけで、
これを除いた数字で1000万kW足りません、1500万kW足りませんと煽る。

環境アセスをすっ飛ばした石炭火力発電所の建設等という妄言を、経産省は計画停電
の初日から言い出している。まさに火事場泥棒ではないか。

供給力について前提条件をきちんと精査した数字を要求。

無計画停電から除外されている地域については、鉄道、三次医療、租税システム、
日銀システム、国防などに関する電力供給が必要なところは対象から外したとの説明。
どの変電所はどの理由で外れているのかを明示することはセキュリティの問題で
できないというのが政府の考え。

現在、経産省が発表している家庭用という区分は、50kW以下の契約のものが
全て入るため、一般家庭の他、コンビニや小規模の商店、街路灯なども含まれる。
純粋な家庭向けの電力消費は10%程度という話を他から聞いたことがあるが、
家庭のアンペア数切り下げはブレーカーの交換が必要になるため、ピークカットの
中心は企業になる。

ピークコストの引き上げなどにより、企業が省エネ機器に買い換えることを促進
したり、稼働日を土、日に振り返るなどの企業行動を税制や規制緩和で促進する
必要がある。

2007年の企業広告費のランキングをいただいた。

それによると
1 トヨタ  1054億円
2 松下電器  831億円
3 ホンダ   816億円
以下、ソフトバンクモバイル、花王、イトーヨーカ堂、日産、KDDI、
シャープ、サントリー、キリン、ベネッセ、イオン、キャノン、資生堂、
アサヒビール、高島屋、そして
18 東京電力 286億円

東京電力が供給量では電力全体の約三分の一なので、広告費を3倍すると電力会社
全体で858億円、それに電事連などを足すと1000億円になると推計する研究者
もいる。この推計があたっていれば、トヨタに並ぶ金額だ。

それはともかく地域独占している電力会社がこんな量の広告宣伝を必要としている
のだろうか。

◎ソース 河野太郎ブログごまめの歯ぎしり(内容は2つとも同じです)
http://news.livedoor.com/article/detail/5468536/
http://www.taro.org/2011/04/post-973.php

野党のたわごと。

現政権も色々マズい事あったと思うが、

震災→計画停電→4月5月中に準備して夏に『計画節電』という流れは間違っていないし、それ以外方法は無いと思う。

逆に、1500万kwどうしても都合つかない現状で、どうすりゃ夏を乗り切れるか聞きたい。

ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。